【肩甲骨の柔軟性を即効アップ】

肩こりの原因は肩甲骨の柔軟性低下と言っても

間違いではないほどに深く関わっています。


肩甲骨は腕と繋がっているのは明白ですが

胴体(体幹)との繋がりも重要です。


体幹の動きを腕に伝えるために

肩甲骨の動きは重要な役割を果たしています。


スポーツともなればさらに重要度は増します。


肩、腕を使うスポーツはなおのことです。


当院に相談に来る方の肩甲骨の可動域はあまりにも硬く

今すぐにでも柔軟性の回復を図らないといけない

そんなケースがしばしばです。


そこで使用しているのがFCMです。


FCMは即効性抜群なので、ただストレッチするより

ただマッサージするよりも速く柔軟性を回復させます。

今すぐにでも改善したい…そんな場合は当院へご相談ください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ストレッチしたくても上手くできない ということはありませんか? ストレッチに限らず何らかの方法で セルフケアをしたくても難しいことありませんか? そもそもそんな風に考えていない、というJr.アスリートは この瞬間から考えてやるようにしましょう! ストレッチはただやれば良いのではありません。 「形だけストレッチ」をこれまで沢山見てきました。 しっかり結果を出すためには 何をどんな風に行うかを理解しな

ある動きをする際に 力を入れるべきところに入らず 代償として別の場所に力が入る。 すると本来のパフォーマンスが発揮されない。 こういった現象はスポーツにおいてよく起きています。 それに気づかないまま誤った動作や出力を繰り返し 結果ケガを自ら招いてしまっていることがあります。 正しい場所に力が入るように 誤った場所に力が入らないように FCMを使って調整を行います。 それが『抑制カッピングテクニック