top of page

【FCMセルフ教室 3月レポート①】

更新日:2021年12月25日


当教室は

ファンクショナルカッピングを

セルフケア用に活用するための

使い方を学ぶことができる教室です。


・日頃から肩こりや腰痛で悩んでいる方

・姿勢が悪いことを気にされている方

・ジュニアアスリートで怪我や痛みに悩む選手


そんなカラダや痛みに悩む方へ向けて

解決する策の1つとしてカッピングによる

セルフケア法を提案しています。



今回は姿勢の悪さ(特に猫背)と肩こりに悩む青年が

教室に参加してくれました。


姿勢の悪さは骨格の歪みから起こり得ます。

猫背もそのうちの1つです。

なので骨格の歪みを整えることが

綺麗な姿勢作りにには必須なんです。


ではなぜ骨格が歪むのか、不思議に思いませんか?

原因の1つに『筋肉の硬さ』があります。


筋肉の硬さとは皆さんご存知の“コリ”のことです。

肩こりの“コリ”ですね。

硬い筋肉が骨格を正常な形から徐々に歪めていきます。


ですから、筋肉を柔らかい状態に保つことは

イコールで骨格の歪みを整えることになるんです。


筋肉の硬さを改善するための手段として

ファンクショナルカッピングが有効です。


色んな健康グッズが世に溢れる中で

どれも良いものではありますが

使いこなせずインテリア化している現状があります。


当教室では

正しい使い方を学び、実際の効果をカラダで感じ

セルフケアをしたくなるような動機作りをサポートしています。


正しい使い方を間違うと事故の原因になります。

「見様見真似でも良いよ」という人は構いませんが

ホンモノを知りたい・学びたいという方は

ぜひこの教室にご参加ください。


詳しくはこちらをチェック

https://www.ken-chiropractic.com/fcm-self

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ストレッチしたくても上手くできない ということはありませんか? ストレッチに限らず何らかの方法で セルフケアをしたくても難しいことありませんか? そもそもそんな風に考えていない、というJr.アスリートは この瞬間から考えてやるようにしましょう! ストレッチはただやれば良いのではありません。 「形だけストレッチ」をこれまで沢山見てきました。 しっかり結果を出すためには 何をどんな風に行うかを理解しな

ある動きをする際に 力を入れるべきところに入らず 代償として別の場所に力が入る。 すると本来のパフォーマンスが発揮されない。 こういった現象はスポーツにおいてよく起きています。 それに気づかないまま誤った動作や出力を繰り返し 結果ケガを自ら招いてしまっていることがあります。 正しい場所に力が入るように 誤った場所に力が入らないように FCMを使って調整を行います。 それが『抑制カッピングテクニック

bottom of page