【FCMセルフケア教室 12月レポート①】


歯磨きをするのは虫歯にならないように。

それと同じで腰痛や肩こりなどの痛みも

日頃のセルフケアで予防することができます。


そのための、明確に結果が出る方法を学ぶのが

当院のFCMセルフケア教室です。


カッピングという方法を使って

自分自身でカラダのお手入れ。

その効果はした人だけが実感できるものです。


今回学んでくれたのはいわゆる『側弯症』のある方。

背骨が曲がってしまう病気の一種です。

当院でもこれまで何人かの方が相談に来られています。


結論から言うと、この方の『側弯』は改善しました。

それは見た目はもちろん、付随していた自覚症状も。

背骨が曲がっていたことにより生じる症状は

原因が無くなればもちろん消え去ります。


そのために行ったことが、カラダの歪みの改善です。


具体的には

骨盤、股関節、膝などの下半身へアプローチしました。


その効果が現れたことで、セルフケアも十分通用することが同時に証明されました。


写真に掲載している通り、背骨に対してではなく

股関節やもも裏やふくらはぎにカップを付けています。

これらの場所の歪みや問題が、離れた背骨へ悪影響を及ぼしているからです。


痛いところに目が行きがちですが

カラダの歪み由来の痛みはその場所に原因があるのではなく

別の場所が歪むことで離れたところに痛みが出ます。


なので、セルフケアをする場所が的確でないと効果も出ません。

痛み止めもイタチごっことなる人も多いです。


当院では、どこをどういう風にセルフケアしたらいいか

あなたに合ったセルフケアプランをご提示しています。


少しでも興味が湧いたなら是非一度お問い合わせください。


FCMセルフケア教室についてはこちら

https://www.ken-chiropractic.com/fcm-self

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示