top of page

【FCMセルフケア教室 12月レポート②】


ファンクショナルカッピングを使った

セルフケアのやり方、使い方を学ぶ教室。


12月、高校球児が学びに来てくれました。

彼はピッチャーで、肩の痛みを訴えていました。




野球選手の肩の痛みは、色々な原因が考えられます。

肩の筋(すじ)の損傷、肩の軟骨の損傷、関節の周りの炎症。

いずれも投げると痛い、動かすと痛いという症状です。

しかし、原因はそれぞれで違うため

「痛い」の一言では済まないこともしばしば。


痛みを我慢してしまう選手の場合

散々悪化してからどうにもならなくなって困ることも。


そうならないように日頃からのお手入れをすることは

将来起こらなくていい問題を事前に解決する良い手段です。



彼の場合は、カッピングによる施術にて痛みの軽減を大きく実感しました。

これは、肩の筋や軟骨などの損傷ではなく

スムーズな動きが出来ないことによる痛みだったという事です。


その原因は、部分的な筋肉の硬さや関節の硬さ

それらと関係する肩以外のカラダの歪みです。


これらがベースにある上で局所的なケガに発展しますが

実際にそのことを知っている選手はいません。


痛みを感じたときには既に問題は起きています。

そこでただ我慢するのか、早急に対処するのか

または、そうならないように日頃から備えるか。



これを読んでくれた選手の中に

同じような、似たような悩みを持つ人がいたら

ぜひ一度僕のところへ相談してください。



FCMセルフケア教室についてはこちら

https://www.ken-chiropractic.com/fcm-self

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ストレッチしたくても上手くできない ということはありませんか? ストレッチに限らず何らかの方法で セルフケアをしたくても難しいことありませんか? そもそもそんな風に考えていない、というJr.アスリートは この瞬間から考えてやるようにしましょう! ストレッチはただやれば良いのではありません。 「形だけストレッチ」をこれまで沢山見てきました。 しっかり結果を出すためには 何をどんな風に行うかを理解しな

ある動きをする際に 力を入れるべきところに入らず 代償として別の場所に力が入る。 すると本来のパフォーマンスが発揮されない。 こういった現象はスポーツにおいてよく起きています。 それに気づかないまま誤った動作や出力を繰り返し 結果ケガを自ら招いてしまっていることがあります。 正しい場所に力が入るように 誤った場所に力が入らないように FCMを使って調整を行います。 それが『抑制カッピングテクニック

アスリートはハムストリングに問題を抱えることが多いです。 もも裏を攣ったり、痛めた経験はありませんか? そもそもの原因は別にあるとしても ハムストリング自体の筋肉の硬さは取ってあげたい。 そこで当院ではFCMを使用しています。 ちょっと分かりにくいですが この施術ではひと工夫を加えています。 これが痛い(笑) とても痛がりますが、その後の開放感は確実です。 走る系のスポーツ選手は、ぜひ試してくださ

bottom of page