【柔軟性アップで痛みを改善しよう】



スポーツにおいて、柔軟性は重要です。


それは選手も指導者も保護者も分かっています。


ですが、実際にカラダの柔軟性がどんな状況で

そのスポーツにとってどのような柔軟性が必要か

理解されていないのが現状です。


今回、投球時に肘が痛いという悩み相談がありました。


結果から言うと

初回の検査で肘の痛みが消失しました。


1枚目の写真のこの違いが

肘の痛みを生み出していたのです。


この違いを生み出すために

2枚目の写真の違いを作りました。


痛みがあればどうしてもその痛いところに気が向きます。

そこに湿布を貼ってみたり、塗り薬を塗ってみたり。

もちろんそれらが間違っている訳ではありません。


当院では根本解決を目指します。


必要以上に練習を休んだりもせず

運動強度を必要以上に落とすことなく

適切な休養とケアをすることで

最短時間で症状の回復を図ります。


そして、痛みを再び引き起こさない。

これらが当院の考える根本解決です。


そのためにカラダの柔軟性を

今一度見直しませんか?


ご相談&お問い合わせはHPから

https://www.ken-chiropractic.com

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ストレッチしたくても上手くできない ということはありませんか? ストレッチに限らず何らかの方法で セルフケアをしたくても難しいことありませんか? そもそもそんな風に考えていない、というJr.アスリートは この瞬間から考えてやるようにしましょう! ストレッチはただやれば良いのではありません。 「形だけストレッチ」をこれまで沢山見てきました。 しっかり結果を出すためには 何をどんな風に行うかを理解しな

ある動きをする際に 力を入れるべきところに入らず 代償として別の場所に力が入る。 すると本来のパフォーマンスが発揮されない。 こういった現象はスポーツにおいてよく起きています。 それに気づかないまま誤った動作や出力を繰り返し 結果ケガを自ら招いてしまっていることがあります。 正しい場所に力が入るように 誤った場所に力が入らないように FCMを使って調整を行います。 それが『抑制カッピングテクニック

ストレッチをする時に注意すること。 ①どこをストレッチするのか明確に ②何のためにストレッチをするのか理解 ①について、単にストレッチをするよりも どの部分、どの筋肉をストレッチしているのかを 明確にしておく方が効果が出ます。 僕が指導してきたJr.アスリートチームでは 形骸化した体操やストレッチがほとんど。 意味はないとは言いませんが より効果的にしたいなら①を意識して欲しいです。 FCMを活用