【少年野球 山日YBS杯 南都留郡予選】



フィジカルの面でサポートさせていただいている

忍野少年野球団の皆さん。


予選準決勝は見事勝利!(完投勝利✌️)

続けて決勝戦は一点差での惜敗でした。


両チームとも実力は肉薄で、どちらも褒めたいです。

上位2チームが県大会へ進出します。

おめでとうございます!


それまでの時間を有効活用して、備えて欲しいです。

カラダの面でも、抜かりなく、準備をよろしく!


チームサポートについてのお問い合わせこちら

https://www.ken-chiropractic.com


甲府方面でのご相談はこちらへ

https://www.kensei-seitai.com

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ストレッチしたくても上手くできない ということはありませんか? ストレッチに限らず何らかの方法で セルフケアをしたくても難しいことありませんか? そもそもそんな風に考えていない、というJr.アスリートは この瞬間から考えてやるようにしましょう! ストレッチはただやれば良いのではありません。 「形だけストレッチ」をこれまで沢山見てきました。 しっかり結果を出すためには 何をどんな風に行うかを理解しな

ある動きをする際に 力を入れるべきところに入らず 代償として別の場所に力が入る。 すると本来のパフォーマンスが発揮されない。 こういった現象はスポーツにおいてよく起きています。 それに気づかないまま誤った動作や出力を繰り返し 結果ケガを自ら招いてしまっていることがあります。 正しい場所に力が入るように 誤った場所に力が入らないように FCMを使って調整を行います。 それが『抑制カッピングテクニック

ストレッチをする時に注意すること。 ①どこをストレッチするのか明確に ②何のためにストレッチをするのか理解 ①について、単にストレッチをするよりも どの部分、どの筋肉をストレッチしているのかを 明確にしておく方が効果が出ます。 僕が指導してきたJr.アスリートチームでは 形骸化した体操やストレッチがほとんど。 意味はないとは言いませんが より効果的にしたいなら①を意識して欲しいです。 FCMを活用