top of page

【セルフカッピング・レクチャー】

ストレッチしたくても上手くできない

ということはありませんか?


ストレッチに限らず何らかの方法で

セルフケアをしたくても難しいことありませんか?


そもそもそんな風に考えていない、というJr.アスリートは

この瞬間から考えてやるようにしましょう!


ストレッチはただやれば良いのではありません。


「形だけストレッチ」をこれまで沢山見てきました。


しっかり結果を出すためには

何をどんな風に行うかを理解しないといけません。


当院ではそのためのレクチャーをしています。

その手段のひとつにFCMを使ったセルフケアがあります。


写真は股関節のセルフケアですが

大腿筋膜張筋という筋肉にカップをセットして

股関節の可動域制限を改善するストレッチをしています。


なぜ股関節の可動域を改善するのか?

なぜ大腿筋膜張筋にアプローチするのか?

なぜこのような格好のストレッチなのか?


それぞれ理由があります。


当院にてFCMカッピングを使ったセルフケアを習いたい方はどうぞご連絡ください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ある動きをする際に 力を入れるべきところに入らず 代償として別の場所に力が入る。 すると本来のパフォーマンスが発揮されない。 こういった現象はスポーツにおいてよく起きています。 それに気づかないまま誤った動作や出力を繰り返し 結果ケガを自ら招いてしまっていることがあります。 正しい場所に力が入るように 誤った場所に力が入らないように FCMを使って調整を行います。 それが『抑制カッピングテクニック

bottom of page